水が濁っている

水蛇口から出てくる水が濁っているようなトラブルも多く見られます。水道から出てくる水の濁り方によってトラブルの原因を究明する事ができますので、まずは正しい状況を確認する事が重要になります。水が白く濁っている場合には、気泡が主な原因になります。ガラスコップに水を注いでしばらくそのままにしていると、綺麗で透明な水になるような場合には、水道管に水が溜まってしまっている状況ですので問題はありません。おいても白く濁っているような場合には、地域の水道局に早目に相談が必要になります。

赤く濁っているような場合には、水道管のどこかが錆びている可能性があります。水を流し続けると、いずれ透明になっていきますが、中々透明にならないような場合には、こちらも地域の水道局に早目に相談してください。

砂が混じっているような場合には、近隣で水道工事が行われていた可能性があります。そういった場合には、赤く濁っている時とどうように、水をしばらく流し続けておけば砂は無くなります。しかし、しばらく流していても砂が無くならないような場合には、配管が老朽化してしまい、内部が崩れ落ちている物が砂として混じっている可能性がありますので水道局に連絡し、配管を交換してもらってください。