蛇口周辺のトラブル

水道のトラブルで最も多いのが、蛇口周辺のトラブルになります。蛇口の先からポタポタ水が漏れてしまったり、蛇口周辺部分から水が漏れるようなトラブルは、水道のトラブルで最も多い物になります。

しっかりと占めているのにポタポタと水が漏れてしまうような場合には、水道のトラブルの定番中の定番になります。水道には、昔ながらの蛇口のハンドルをひねるタイプの水道と、最近多くなっているレバーを上下左右に動かす事によって、水量や水温の調整をするシングルレバー式かによって異なります。昔ながらのハンドル式の場合には、大半がバルブに使用されているゴム製のパッキンの劣化か、このゴム製のパッキンの部分に細かいゴミが噛んでしまって上手に閉じられないようになっているのが原因となっております。

シングルレバータイプの場合には、パッキンの劣化もありますが、バブル自体に問題があるような可能性もあります。バルブは個人でのインターネットを検索すれば販売している所を見つける事ができますので修理は可能になりますが、分解が難しいようなタイプの場合には、業者に依頼する事が必要になります。シングルレバータイプの場合にも、ハンドル式の場合にも、各メーカーや個人ブログなどで交換方法が紹介されておりますので、参考にしてみてください。